あるたい…Since1968

ウラルアルタイ、アルタイ山脈のあるたい。
夕日に輝く山並みは黄金の山並みといわれています。
美しく輝いているという意味、ラッキーの意味もあり
あるたいの店名の由来です。
おいしいお酒と手作りの料理でおもてなしする小さな酒場。
店内でのライブや絵画展示などもあります。

あるたい “Food&Drink” メニュー

泡盛や焼酎、ワイン、Santiago de Cubaなどのお酒とオリエンタルな料理を取り揃えています。ガーナのピーナッツカレー“ミーヤングゥチャ”は都内では珍しいお料理です。グライハテアンプラー(砂肝とレバーのワイン煮)もオススメ。

お飲み物メニュー。ビールや焼酎、泡盛にワイン、バーボンにラム、ジンにウォッカ、カクテルいろいろ、超おすすめの手作り果実酒をぜひ味わってみてくださいね。
サンバルチキンや砂肝とレバーのワイン煮グライハテアンプラー、ガーナのピーナッツカレー“ミーヤングゥチャ”などオリエンタルなお料理はいかがですか?定番のナシゴレン&ミーゴレンもオススメです♪
あるたいママの手作りのコラージュなメニュー。
お通しは、日替わりでいろいろ。癒し系あるたいママの味。
みんなの定番!大人気ナシゴレン♪(¥800)
本格ガーナのピーナッツカレー“ミーヤングゥチャ”おすすめ!(¥800)
野菜や果物などをスパイスや酢と一緒にマスタードオイルに漬け込んだ手作り“アチャール”お酒のお供にGood!!
グラスワイン(¥500)・デキャンタ“小”(¥1000)〜

イベントinfo

あるたいアクセス

〒113-0031 文京区根津2-27-8 ☎: 03-3823-7389 営: 19:00-翌1:00 休: 月曜定休
東京メトロ千代田線根津駅、出口1より徒歩3分、不忍道りふれあい館のすぐそこ。

あるたいアルバム “あるバム”

このページ “あるバム” では、今までに沢山行ったイベントやライブのごく一部をピックアップしてご紹介させて頂いてます。気さくで飾らない、ハッピー&ピースフルな “あるたいライブ” をご覧頂けたらうれしくおもいます♪
只今、ライブや展示を折にふれ随時更新中!(↓●をクリックするとページが開きます。)


2008.12.21《あるたいライブ「太田豊・大沢史郎・鈴木恵一・里子さん」》
あるたいライブ2012年2月22日2012.02.22《あるたいライブ「伊藤ちか子」》
あるたいライブ2012年10月17日2012.10.17《あるたいライブ「熊谷善博・葛原りょう・YUUSAKU・鶴岡美直子」》
あるたいライブ2012年11月21日2012.11.21《あるたいライブ「熊谷善博・井上政広・葛原りょう・YUUSAKU・鶴岡美直子」》
あるたいライブ2012年12月12日2012.12.12《あるたいライブ「カトマンズ&近藤十四郎」》
2012.12.19《あるたいライブ「井上政広・葛原りょう・YUUSAKU・コータ・鶴岡美直子」》
2013.01.23《あるたいライブ「葛原りょう・上岡財・YUUSAKU・コータ・鶴岡美直子」


※あるたいにて絵画、写真、ドローイングなどを店内展示をご希望の方はお気軽にご連絡ください。
毎週水曜日の夜8時〜10時半の“あるたいライブ”にてライブやパフォーマンスなどの出演、ご依頼も受け付けております。 電話:03-3823-7389 (あるたい営業日の19時半〜24時、あるたいママ “鶴岡美直子” にお電話ください)

 Link & Contact 

あるたいにてライブ・パフォーマンス・展示をして頂いた皆様のリンクページです♪


【あるたいホームページはリンクフリーです。下のリンクバナーをご自由にお使いください。】
 http://arutai.info/ (※アルタイinfoにリンクご希望の方はお気軽にご連絡くださいませ。)


【当サイトの制作・管理/棚谷敬太】 あるたいママ・鶴岡美直子女史はアナログに特化しております由、ご連絡・お問い合わせは、あるたい営業時間内(19時半〜24時)にてお電話(03-3823-7389)またはお店に足を運んでお話して頂ければ幸いです。右メールバナーよりメールを頂いた際は私が鶴岡にお取り次ぎ致します。あるたいライブ、絵画展示、出版やメディア取材・出演等に関するお申し込み・お問い合わせなど、お気軽にどうぞ。

ソコロベリー”SOKOLOBERRY”
ヨコシマーズの公式FBページ
KATOMANZ Web ~ easy going, happy-go-lucky ~
“詩人・葛原りょう” 【ameblo】
出版物、印刷物制作=近藤謹製。自作を歌う音楽活動。“近藤十四郎” 【Twitter】
アコーディオン奏者 “伊藤ちか子” 【Chikako Ito official web site】
写真家・カトマンズリーダー “加藤仁史” 【Rockin' Human & Insect Pix】
演舞アーティスト “YUUSAKU” 【FaceBook】
世界食遊記 “コータ”

鶴岡美直子

詩人、アーティスト
そして、あるたいママ

 

東京生まれ
武蔵野美術大学造形学部彫刻科卒
1971年:「潮流詩派」同人となる。
1972~73年:「ポエトリー・アット・ニュージャズ
(キッド・アイラック・コレクシオン・ギャラリー
およびプルチネラ)に白石かずこ、諏訪優、村田正夫、他と参加。
1973年:81年まで「潮流詩派」の会(サンプラザ)、詩の朗読に参加。
1976年:精神の幾何学展に出品。
1977年:平和の風刺画国際展に出品。
1981年:詩集「ボタン落としの難所」(潮流出版社)出版。
1982年:「中村よしみつ魂の演奏」詩の朗読。
1983年:詩と思想の会に、高良留美子、大門四郎(三味線・舞踏)、関根弘、麻生直子、他と参加朗読。
1986年:2〜4月、ケニア・タンザニア旅行。
1987年:川尻育舞踏公演の出演および音響担当(寺山修司追悼、渋谷ジアンジアンにて)。JAALAに「レターボックス」を出品(東京都美術館)。詩集「ウーシカ」出版(漉林書房)。
1988年:個展(神田・田村画廊)、壁面全体に「レターボックスⅢ」をフラクタルな地平線状に展示。グループ展数回。「鶴岡美奈子詩の夕べ」、詩集「ウーシカ」の朗読と絵画展示、パーカッション演奏オスンドア・ムコンゾウ(ケニア)、アートフォーラム谷中にて。詩のパフォーマンスに、麻生直子、鈴木東海子、高橋肇、高木秋尾、田川紀久夫と参加。
1989年:7~10月、ケニア・タンザニア旅行。
1990年:詩集「マライカ」出版(潮流出版社)。「ポエムリサイタル」(詩と思想社主催、四谷公会堂)に、相沢史郎、今辻和典、木村迪夫、小海永二、琴天音、斉藤克、村田正夫、他と参加。
2001年:「ボタン落とし、画家鶴岡政男の生涯」(美術出版社)出版。
以後、グループ展多数出品、詩の朗読多数、現在に至る。

【下の画像をクリックすると年代別にピックアップした著書や活動のアーカイブが閲覧できます】
※アーカイブは画像データが多く重たいページになっており、閲覧はパソコンをおすすめします。 


“ 鶴岡美直子アーカイブ ”


鶴岡美直子の父「鶴岡政男」ってどんな人?
“ 鶴岡美直子の父「鶴岡政男」ってどんな人?
 ”

 

Copyright (C) 2012あるたい 鶴岡美直子 All Rights Reserved.